奥田塾後半戦~筍掘り~

竹冠に旬と書いて筍。

まさに旬です。

前半戦はこちら

いつもお世話になっている赤髪Hさん。
山で育ったHさんの実家で筍が採れると言うことで
奥田塾勉強会を終わらせた一行は若者達を置き去りに
付き合いのいいお姉様達を引き連れ、筍掘りに向かうのでした。

若者達よ、来てよかったんだよ来て。
本当はみんなで一緒に行きたかったり、そうでなかったり。。

ってことで週末の本番です!!



まずは鳴るお腹を押さえ遅すぎたお昼をみんなで堪能。
お腹すいてるのに、、ご飯全然出てこない~~。
とはいえ、皆さんとの楽しい時間だったので実際はたいした時間にも感じず
とはいえHさんの夕方の美容院の予約はもう無理そうでもあり

現地到着。
現地までの道のりもまさに春。様々な花が咲きみだれ
車内でみんなで綺麗だ綺麗だと大騒ぎしました。
ここら辺一帯は本当に春の花が多いんだね。
ってかHさんの実家ってこんなところにあったのかァ。
おいらマラソンで変電所の前まで走らされたぞ~~。
近すぎじゃ。

すごいなあ小屋
全体見せられないけれど

Hさんこんな素敵な家で育ったのかあ。
すごい良い場所!!

で一行は筍のある場所へ!!

竹林。。。。
木も多くの竹も切り倒されていた。
ここでどこまで話をしていいかわからないけど、
どうやらHさんの実家はもう手放さなければ行けないらしくて。
ここも素敵な林だったのに木も竹も切り倒されてしまったらしい。
目をつぶってそこにあったはずの木々の風景を思い浮かべてみる。
そんな空気を小さく吸い込んでみる。

自分も近いような経験をしていて
ちょっと悲しくなった。
木には罪はないんだけどねえ。
なんて言ったってここにあったはずの木々はHさんが子供だった頃
さんざん彼女をあやしてくれたはずなんだ。

元、池もあったみたい。山から水を引いていたらしい。贅沢だなあ。
そこからも筍にょきにょき。
取るように残しておいたの誰か人が入って勝手に取られちゃってないかもおと言われていたのだけど
実際はけっこう筍くん顔を出してた。
地上に竹林残っていない筍なんてなんとも、、贅沢だな。。
竹に申し訳がない。。

と言いつつみんなで大騒ぎで筍掘り。

砂利の土だったりで掘りにくい~~。

いっぱい取れた~~。
その代わりおいらの体重でスコップを大きく曲げてしまったり。
パパは筍をマヌケに折ってひっくり返ったり。
しかし、穴掘りはいいダイエット。。
効果があったかは不明。

Hさん戻ってきて、お隣さんが蕗(フキ)取っていいってえ~~とのこと。

素敵なお隣さん♪
と、思ったら、お寺だった。

お寺のちょうど真後ろの大きな桜がとっても綺麗。

ちょうど入り口の木。
すごいところからお花が出てる。。

クリックすると大きくなるよ

植えたのか聞いたら、自然とのこと。
入り口って言うのがまたすごいなあ。

挨拶をして、お賽銭。

ところどころお花綺麗♪

その綺麗さが写真では伝えきれないのが悲しいところ。。


蕗~~。
住職が取り方も丁寧に説明してくれました。

横では水まで湧いてるよ~~。
つくしも出ている~~~って騒いだら
住職につくしが珍しいところから皆さんこられたんですか。と言われた。。
そういえば最近は多摩美ぐらいでしか見てないや。

芹(セリ)もいっぱい。

池からの綺麗な水で育っているみたい。

そしてギリギリでどうにか保っていたデジカメの電池切れる。。。

なので


最後はみんなで三つ葉ツツジを見に行ったよお。(携帯電話さんありがとう)
ちょっと時期がもう遅かったけど、それでもどこまでもお花。
ああ、素敵な旅だった。。


筍様頂きます。
すごいコクがあって美味しかった。
芹も蕗も美味しかった。
自然さんありがとうございました。

Hさんの実家もったいないなあ~~。
全部買い取ってしまえばいいのにと、無責任に思ってしまう。
帰る場所だよって。
でもきっといろいろ事情あるんだろうな。。
いろいろな思い出や想いが詰まっている場所。
大切な場所に招待してくれてありがとうございました。

One thought on “奥田塾後半戦~筍掘り~”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA