シンポジウム「ブランドと工場の共生」

タイトル : 「ブランドと工場の共生」
日程 : 2013年3月5日(火)19:30~22:00 (19:00 開場)
座席数 : 60席
料金 : ¥2000/1D
会場 : 渋谷アップリンク1階 「UPLINK FACTORY」
住所 : 東京都渋谷区宇田川町 37-18
登壇者 :
宮本英治様(文化ファッションテキスタイル研究所 所長)
奥田博伸様 (株式会社奥田染工場 代表取締役)、
玉井健太郎様 (ASEEDONCLOUD デザイナー)
司会進行 :
スナオシタカヒサ様(coromo チーフエディター / ジャーナリスト)

予約 : お名前・ご職業・お電話番号・人数を
「 info@secorigallery.com」 宛てにメール予約可
(残席数を確認したいので、お手数ですが、できるだけ事前予約をよろしくお願いいたします)
備考 : 学生証提示で 入場料 500円引き

コンセプト
「トークショー」ではなく、参加者主体で、客席からも議題を投げかけることが可能な「シンポジウム」
事前に参加者から質問を集め、当日はモデレーターのスナオシ氏に議題を展開して頂き、登壇者、参加者の両者によって創られる
「研究会」を目指します。

議論項目(サンプル)
・デザイナーと工場が結びつく為に必要なことは。
・デザイナーと工場を繋ぐコンバーターが少なくなった理由。
・工場見学会を定期的に開催することについて。
・工場の衰退を止める為に、今後どんな企業努力が必要なのか。
・ファクトリーブランドが台頭しない理由。
・ブランドが工場にオーダーする一般的な必要ロット数について。
・ ブランド、産地、コンバーター、或いは組合。今後の理想的な在り方とは。

※ 質問に関しては、参加者より事前にメールにて受け付けます。
沢山の質問をお待ちしております。

==============================

UPLINK GALLERY 展示会情報

渋谷アップリンク内「UPKINK GALLERY」では
Secori Book vol.1』内でご紹介した、「MIYABI」の小田原市箱根町の伝統工芸「箱根寄木細工」の木工職人である「OTA MOKKO」と恊働制作をしたクラッチバックの受注会を2013年2月27日(水)より3月5日(火)まで行います。

3月6日(水)より3月11日(月)まで、アトリエ「Laboraus」からTTT企画のもと福井のケイテー・テクシーノ株式会社様と生地開発を行ってきた、「aaAaa」, 「rari」, 「sou-mu」の3ブランドの展示会を行います。

 


コメントは閉じられています。

return top