「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形」

ミントデザインズから頂いたチケットにて、10月17日にあった内覧会に足を運びました。
現在オペラシティで行われていて、下記のようなブランドが参加していて、

ANREALAGE
h.NAOTO
matohu
mina perhonen
mintdesigns
SASQUATCHfabrix.
SOMARTA
THEATRE PRODUCTS
writtenafterwards

まさしく東京ファッションの今が多角的に切り取られ、展示されているのです。
そうして、内覧会と言うこともあり、当日はすべてのデザイナーが揃っていました。
当日はまさしくコレクションの直前のブランドも多くある、そういう時期でした。

いつものメンバーに、宇田川さんと出口さんも引き連れて

そしてmatohuのお二人にも遭遇。

さらにミナペルホネンのブースにて写真の中の大原織物の大原さんにも遭遇。
さらに大好きな神奈川レースの人々にも写真の中で遭遇。
悔しいほど、皆川さんはいい加工屋さんと仕事しているぜ。
大原さんに飾られてますよって話したら、
「やだなあ、こまったなあと」
いつものダンディな感じ。渋い。

やはり今回の展覧会、周りではすごく人気があり、せっかくたくさん分けて頂いた招待券をいい顔して配っていたら、すぐにいい顔が出来なくなりました。大人達はちゃんと自分でお金を払っていくのだっ。
内覧会は非常に大勢の人が来場していたこともあり、また、ゆっくりもう一度見に行こうかなと思っています。
展示内容については、是非自ら足を運んで見ていただければと思います。
ネット上にもうたくさん情報が出回っているようだけどね。

みなさんもぜひ。



http://www.operacity.jp/ag/exh135/

「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形」
Feel and Think: A New Era of Tokyo Fashion

期間:2011年10月18日(火)~12月25日(日)
会場:東京オペラシティ アートギャラリー (アクセス)
http://www.operacity.jp/ag/

休館日:月曜日
主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団/文化学園大学 文化ファッション研究機構
協賛:日本生命保険相互会社
協力:相互物産株式会社/アトリエ杉本/株式会社イノウエインダストリィズ/株式会社キイヤ
後援:経済産業省/毎日新聞社/一般社団法人 日本ファッション・ウィーク推進機構
会場構成:中村竜治(株式会社中村竜治建築設計事務所)
企画:服飾文化共同研究拠点「現代日本ファッションデザインの研究」

本展は、文化学園大学(旧文化女子大学)・文化ファッション研究機構、服飾文化共同研究拠点「現代日本ファッションデザインの研究」(メンバー:高木陽子、成実弘至、西谷真理子、堀 元彰)の研究成果の一部として開催するものです。

神奈川レース~散歩編~

散歩という響きが好きです。

路地裏を歩いて発見を楽しむような。
いつもと同じ道を歩きながら自分自身への発見を楽しむような。

ちからが自然と抜けていて、それでいて、少しは立ち止まりながら
前には必ず進んでいくものだと実感できる。
それそのものがある種の縮図です。

父も退院にしてからは必死で散歩していましたね。
日常を取り戻すために。

散歩の醍醐味は前に進むことだけじゃなくて気付くこともそう。
自分が普段においてどれほど物を見ていないかも知ることが出来る。
知っている物なんて何にもないんだって実感できる。

だから、散歩するように歩んで行けたらいいなあと思います。
ゆっくり散歩。
時々路地に消えた猫を走って追いかけることもあるかもしれないけどね。
まあ、そう言う時はいつも転んじゃうんだけどね。

それが今の僕の目指す生き方です。
力を抜いた1歩がすごい力強い物になれたら素敵だと思う。

本題から大きく逸れました。
いつも道草しすぎです。。
続きを読む 神奈川レース~散歩編~