世間は狭い、悪さはしちゃ行けない@全国大陶器市

先日、年末の忘年会用のおちょこを探しに八王子でやっていた全国大陶器市に行ってきた。

まさに陶器が欲しい時期でいつ頃やっているのだろうなんて思っているところにちょうど良く広告が入ってきた。

これは行かなきゃならん。

仕事帰り、お目当てのおちょこを探しに隅から隅へ。

深い奴はあっても、お目当ての形状している奴がなかなかない。浅い杯の形している奴がいいのさ。

あとで聞いた話だと売れないから、あまりないようだ。
んでもさあ、冷酒飲むなら断然舌先に当たるそっちだろ~~ってなもんで、

立ち止まったら、早速声を掛けられた。
ん~~まだ悩んでいるところなのに。

「それで呑むとうまいよお」と、おっちゃんが言う。

おっちゃん酒飲むのかと聞くと、「呑めない体になっちゃったのよね」と言う。

3つこれ選ぶんで、おっちゃんの手作りならオススメの一番美味しい奴ひとつ選んでよ。と言ったら、「そりゃおれはよくわからねえな」という。
一番はじめにこれで飲むと美味しいって言ってたのにさ。
なんというか、正直というか。

よくわからないが、何だか仲良くなってしまって、長話をはじめてしまう。
確実にこのおっちゃんは不器用で愛のある人だという、いつもおいらのセンサーが作動。
おいらはいつからか、そういう人が本当に好きなんだ。
今度、広島に来たら、萩をいろいろ案内してやる。泊まるところなければ家も泊めてやる。工房も来いよ。
携帯電話の番号までくれる。

島根ならよく行くと言ったら、俺も島根好きだと言う。
広島にも会いたい人いく人かいるからなんて言ったら、来い来いとなって。

体壊している人が、寝泊まりは車の中だと言う。「漫画喫茶とかいいよねえ」って貧乏学生じゃないんだから。
その設定に値切り市の旗が揺れるのに値切る気を削られた。

けど、何も言わないでもすごく安くしてくれてしまった。
結局、他に漆器は買ったけど、欲しいような陶器はそのおっちゃんのだけだった。

家に帰ると、ちょうどその日、長野のオジサンが僕に日本酒をおいて行ってくれていた。
ナイスタイミング。

買ったおちょこに並べてお酒を注ぎ試飲。
あたり、ありっ。

おっちゃんいい仕事するぜ。


(欠けているのは貰った。後ろの漆器はまた別で福井県のもの。2日分。ちゃんときれいな写真のブログあった。勝手にリンク…金剛窯@大陶器市2010 金剛窯

次の日、午後暇になったので、追加でもうちょい欲しいなとおっちゃんにまた会いに。
んで、仲良くなったおっちゃんと更に無駄にぐだぐだお話ししてきた。
何という商売の邪魔。

めっちゃお互い、個人的なこゆい話になってしまった。
人にはいろいろな人生があるなってなもんで。
なんかいろいろ心が震えた。
おっちゃんも手元が震えたのか、レジを一桁間違えていたけれど。

おっちゃんは金剛窯の金剛稔明さん。

さっきGoogle先生でおっちゃんのことを調べたら、

同じギャラリーのサイトの作家のなかに、照井壮さんがいた。
照井壮さんの奥さんである照井織衣さんは、うちの親父が最後に雇った若い職人、最後の弟子なのだ。
結婚して、九州に行った。
九州で陶芸をやられている照井壮さんのところにお嫁に行ったのだ。

数年前、教室に来ていたうっしーが、若くして亡くなった時、たまたま、ご両親が百貨店で手にとってお返しにしたのが、照井さんの陶器だった。

偶然というのはなんともやらだねなんて話をしていた。

親父が亡くなる前、宮本英治のみやしんのやり手で宮本さんもべた褒めだった女の子が、結婚して九州に行った。
だんなさんはやはり陶器の人で、照井さんのすぐお隣だった。

ぼくはたまたま、おちょこが欲しくて、そして欲しいようなおちょこが唯一あって、強引におっちゃんに呼び止められて仲良くなっちまった。

ということで、世間はとても狭いので悪さはしちゃ行けません。
なんつうことは意外によくあることで。

そうそう、何かプレゼントしようとして(キャラ的に現在サンタモードなので)考えた末、寒いだろうから、ホッカイロ一箱買って持っていったら、メンチカツくれて、ゆで卵まで勧めてくれた上に、追加で買った陶器をアホみたいに安くしてくれて、おまけまでくれた。

「おたくが使ってくれるならいいよ」なんて有難い言葉。

こっちだって、おっちゃんが作ったと思って使ったら美味しく呑めるわってなもんで。

「明日も来いよ」って、何しに行くのだ。

せっかくそう言ってくれたのに、今日、僕は足を運ばなかった。
でも、なんだか、またどこかで会える気がする。

もう、片付けをして、そろそろ八王子を離れる頃だろう。
次は和光に行くと言っていた。
和光に行ってから、広島に戻るらしい。

毎日、販売大変だろうから、どうか体に気をつけて。
そして、また、何処かでお会い出来る日を心から祈りつつ。

本当にいいおっちゃんと会えて、僕はいま嬉しいのだ。
そして、素敵な焼物を有り難う。これでどんな焼物より美味しいお酒が呑める。

あえて、和光市に行くか。
なにしにだ。