神奈川レース~散歩編~

散歩という響きが好きです。

路地裏を歩いて発見を楽しむような。
いつもと同じ道を歩きながら自分自身への発見を楽しむような。

ちからが自然と抜けていて、それでいて、少しは立ち止まりながら
前には必ず進んでいくものだと実感できる。
それそのものがある種の縮図です。

父も退院にしてからは必死で散歩していましたね。
日常を取り戻すために。

散歩の醍醐味は前に進むことだけじゃなくて気付くこともそう。
自分が普段においてどれほど物を見ていないかも知ることが出来る。
知っている物なんて何にもないんだって実感できる。

だから、散歩するように歩んで行けたらいいなあと思います。
ゆっくり散歩。
時々路地に消えた猫を走って追いかけることもあるかもしれないけどね。
まあ、そう言う時はいつも転んじゃうんだけどね。

それが今の僕の目指す生き方です。
力を抜いた1歩がすごい力強い物になれたら素敵だと思う。

本題から大きく逸れました。
いつも道草しすぎです。。
続きを読む 神奈川レース~散歩編~