『手紙』

父親の幼なじみであり、親友である横地さんが母親宛に葬儀の前、手紙をくださいました。
横地さん以外にもたまたまどこかであったとか、連絡をとっていたとか。とてもここ最近多かったようです。
信じられぬとも、父親本人が死期を感じていたことは間違いありません。
それは家族である自分たちも同様です。
また、後日、皆様への御礼もかねて、忘れぬうちにここ最近のことや説明が出来ればと思っています。
その前に何より、この手紙を残せればと思いました。
父親のことを本当によく分かっていただけていますし、僕が感じていることも的確に表現してくださっていました。
自分の知らない一面もあります。
なにより、これ以上に父親がどう生きようとしてきたかを表現しているものはないと感じ、勝手ながら掲載させていただければと思います。

奥田昭子さま

 ご主人の訃報に接し、暗然としています。
 十月の初めに、元気な声を聞いたばかりなので、とても信じられません。聞けば、二度目の入院寸前だったとか。真夏にも電話がありました。もえぎ色のネクタイとマフラーを贈ってくれ、力作の説明を丁寧にしてくれました。五月に、ほんとうに遅くなってしまいましたが、おばさんにようやくお線香をあげることができました。ところが、そのお礼が遅くなってしまったと!いつもの気遣いに、私は恐縮するばかりでした。
 五月に久しぶりに顔をあわせ、それから二度も電話があり、その度ごとに、人生の区切りをつけようとする意気込みが伝わってきました。
 市役所前で落ち合い、並んで橋を渡り、川面を走るそよ風をあびながら浅川の土手を歩いて家にむかいました。彼は自転車を押しながら、入院したこと、入院中、ご子息が代わって多摩美で講師を務めたこと、借金をかたづけたこと、自分の代で工場を潰さず、後に継げること・・・・そう話す彼は誇らしげでした。
 背に西日がさし、高尾、景信、陣馬の山々を仰ぎ、一歩下がって彼の背をみて想い出しました。工場裏の小川で、朝日をあびながら染め物を晒していたおやじさんの姿です。雨の日も風の日も毎日毎日です、私はその脇を通って学校に通いました。仕事に立ち向かう凛とした姿は、子供ながら今も強く印象に残っています。「その領域に達したか?」との問に、彼の答えは「まだ、まだ」と!しかしご子息の話になると、職人の誇りと技を伝えられる喜びを隠しませんでした。よほど嬉しいのでしょう、大学生になって学ぶ染めと職人の子の違いを誇らしげに話してくれました。
 帰りも、わざわざ二中のわきを通ってニッキの裏側まで送ってくれました。これが最後になりました。
 彼が大切にしてきたこと、やりとげたこと、やろうとしていることを聞かせてくれました。もう会えないさびしさがこみ上げてきますが、今、不思議と穏やかで、落ち着いて彼の死と向き合っています。奥田君の人生に乾杯!よくやったと!!
 残念ながら中国出張が重なり、葬儀に出席出来ません。日を改めてお参りさせてください。どうぞ御霊前に代わってお線香を上げて下さい。

 小学校4年生の転校以来、今日まで長い間よく面倒をみてくれました。特に長く八王子を離れている私に代わり、父母の世話までしてくれました。ありがとうございました。安らかにお休みください。心より冥福を祈ります。

平成二十二年十一月二十四日  
横地 剛

2010毎日ファッション大賞

9月21日
ミントデザインズが毎日ファッション大賞を頂いたというので表彰式にお邪魔しました。
そういえば去年はmatohuが新人賞を頂いていました。
その時は、それはなんぞや、、という不勉強ぶりだったのですが、

http://ja.wikipedia.org/wiki/毎日ファッション大賞

なんだ、レコード大賞みたいなもんね。
おお、大賞ってすごいやんか~~~。
ってことで、どんなものかとドレスコードに怯えながら潜入してきたのです。

くわしくはこちら
続きを読む 2010毎日ファッション大賞

ご無沙汰しております。

ブログ更新しないんですか?
もしかしてもう飽きたんですか??

と、ゾンビの集団に襲われる夢を最近よく見ます。

当然書かなきゃって思っていたことはたまりにたまって、、、
また夢を見ます。
得体の知れないものに押しつぶされる夢を。

ブログ更新が途絶えたあの夏は楽しかったのです。
仕事の合間を縫って夏を遊び過ぎました。

そしてブログは更新しないものだという
習慣が身につきました。

ブログを更新さえしないのに
とても個人的なつぶやきを先日はじめました。
https://twitter.com/tokeigoya

今後時系列がごっちゃになってブログが更新されていくかと思います。

ちなみに、今自分が何をしているかですが
ダイエット6日目です。3.5キロほど減りました。

7月7日 koumoriyaの伊藤さん ~本番のお話~

この前のお話はこちら
詳細はcoccaのHP

今回のデザインは七夕に合わせた2つなのです。

1つは流星ボーダー

原画を元に地味な細かい工夫を幾重にも重ねました。
ボーダーの表現をどの技法にするか。星の表現をそれぞれどうしていくか。
詰めた検討材料を見本段階で更に試してそこからベストなものをピックアップ。


ブルーは布に馴染んだプリント
その上の銀は鈍くくすませる。
それでボーダーが出来たら、それぞれの星表現。
黒は光沢を抑えつつ、存在感を出すマットで全体を引き締める。
金は明るい青みの金を、銀もくすんでいない銀を混ぜ込む。
ターキスはブルー同様馴染ませる。

そうやって最終的には随分シンプルな技法にまとまりました。
はじめは無理なこともちょっとやっていたのですが。。
イエローバージョンはその逆で配色。見本を作る段階で挿してたイエローのカラーをピンクに変更。


結果的には特殊なことは何一つやっていませんが
今までcoccaさんに関わった生地の中では一番素敵に出来たというの実感を自分なりに得ることが出来ました。
デザインをしてくださったkoumoriyaの伊藤さんが布になった時、一番素敵になる絵を描いてくれていたと言うことにも気付くことが出来ました。

自分にとってこういう仕事に関われることが一番幸せなこと、本当にうれしかった。
続きを読む 7月7日 koumoriyaの伊藤さん ~本番のお話~

7月7日 koumoriyaの伊藤さん ~見本のお話~

coccaの村山さんに半年も前に是非あって欲しい人がいるんです。
そう言われていた伊藤さんとの布作り。

そんな布が今、coccaで扱われているのです。
興味のある方はこちら
koumoriyaさんのブログはこちら

製版前のデザインに応じた技術見本
打ち合わせを経て
製版後の工場でサンプル実験。
頂いたデザインを元にああだこうだと提案させて頂きます。
プレッシャーもあるけど、何より自分にとって一番ワクワクする時間です。
まずはデザインした人に喜んで貰いたい。

実際の布でそのデザインで試して進めていく作業はとても手間の掛かることだけど
布を生きたものにしてあげるためにはとても必要な過程なのです。

そして村山さん達は必ず気持ちよく仕事をさせてくれる人達です。
いろいろなことが共通認識、暗黙の了解、そして信頼関係で進めることが出来る。

だからこそ自分達もそこまでしてものづくりをすることが出来るし継続出来る。
金銭的な利益だけでは計れないものづくりの価値がそこにはあるのです。
そしてそれは自分にとって、とても贅沢で幸せなことです。
続きを読む 7月7日 koumoriyaの伊藤さん ~見本のお話~

小学生とオリジナルTシャツ

1枚1枚、1度だけの出会い、1人1人違う1枚。
150人分。

今からちょうど2週間前のお話。
ずーっと書こうと思いつつ、書きたいことを溜めつつ。。
やっぱりこれは書かなきゃなってことで。


お空に雲2つ。
つまり小学校到着。
続きを読む 小学生とオリジナルTシャツ

歌舞伎座建て替えと~長い1日~

東銀座の駅を降り、地下鉄の階段を上ると、そこは歌舞伎座だった。
携帯やデジカメで写真を撮る人多数。

はじめてお会いした日からなんかだずっとお世話になっている真田玲子さんの展示会ってことで
これは一度是非行ってみたかった。
そのギャラリーはGallery NiNi
オーナーが真田先生の教え子さんで、今回歌舞伎座が最後だから、是非と言うことでの企画展らしい。
さすが真田先生。ファンが多い。
なので今日ラストの展示会。

『眞田玲子テキスタイル展…春のよそほひ…』

続きを読む 歌舞伎座建て替えと~長い1日~

ユナイテッドアローズ・カフェ~長い1日~

頂いたDM、展示会の宣伝が出来たら少しblogを書く意味もあるのかなとはじめたのだけど。。
のろのろ書いているものだから
もしくは長々書いているものだから
すっかり行けた展示会も行けなかった展示会も期間中に報告できていない。。

なかなか情けない展開。

この日の報告についてはきっとこれがラスト。。
になればいいな。。
でないと、書かなきゃ行けないことが溜まっていく。。

はてさて次はどうしようかと話合い、恵比寿から山手線で原宿へ。
休日だけあってすごい人。。これは確か、、2010年04年29日 晴時々雨。そんな日の出来事。だったよな。
続きを読む ユナイテッドアローズ・カフェ~長い1日~

代官山、恵比寿~長い1日~

世田谷ものづくり学校からバスで渋谷に出て、軽くお昼ご飯。
果たして残りいくつ行けるのか。。

まずは渋谷から代官山のcoccaさんへ

2010.4.27tue-5.16sun
green+people+a little essence of cocca =happy garden
緑があって、そこに集う人がいて、それだけでも十分だけど・・・
ガーデンをテーマに楽しくなるアイテム揃いました。
cocca’s happy gardenにピクニックにいらしてください。

続きを読む 代官山、恵比寿~長い1日~