11月奥田塾は、着色防染。慣れない方も多く、作業段階が複数だったために、終わるのが随分遅い時間になってしまいました。 12月奥田塾は藍染料によるプリントです。随分前に父親が産技研と開発した技術の1つです。 これも技術開放されているはず。 1[…]

工場にももう秋が来て、トタン屋根には銀杏の大きな粒が落ち出しました。 ブログ再開宣言しておいて、さぼりだしてから早1年。 有難き、先輩にちゃんと書いた方がいいよと、プレッシャーを頂き再開するのです。 タコラさん有り難うございます。 10月奥[…]

そんなに書くの放置してたのかあとしみじみ。 こうなったら今日から週2回ずつブログアップするとここに誓うのです。 そんなに書くことあるだろうか。。 仕方ないから個人的なほのぼのブログに変えてしまうか。 奥田塾ですが当分の間、勉強会の方中止させ[…]

4月から6月は酸性染料について扱いましたが、今月からは反応染料を使った染色へと移っていきます。 反応染料は主に綿素材などに使われる主流な染料で堅牢度、彩度ともに高い染料です。 今回はベテランの方、勢揃いだったので暇を持て余し僕は遊び出しまし[…]

奥田塾6月実習は酸性染料の抜染でした。 今月が酸性染料のラストです。 抜染とは生地のベースの色を抜いて、別の色を差し込む技術です。 たとえば、真っ黒の布を白く柄でプリントしたり、ピンクにプリントしたり。 青のベースに補色のオレンジをプリント[…]

6月13日は酸性染料の防染と抜染のお勉強。 いつもより参加者が多かったのと黒板を使いたかったので場所移動。 まるで山小屋の勉強会。。

朝起きたら、近くの空にもくもくと煙が上がっていた。 後日、電柱に猫を探す張り紙があった。 猫は戻ってきただろうか。 そんな朝で始まる5月22日。 もはや遠い記憶。 更新されないブログ。。 この時期はどうしてもハードスケジュールになる。 でも[…]

5月奥田塾、勉強会では 4月に続き、直接染料と酸性染料の種類と特性。 各種糊剤の適正と種類。 色落ち、色変化について。 抜染における可抜不抜、還元、酸化について。 防染について。 酸性染料、ミーリングタイプ、ハーフミーリングタイプ、レバリン[…]

竹冠に旬と書いて筍。 まさに旬です。 前半戦はこちら いつもお世話になっている赤髪Hさん。 山で育ったHさんの実家で筍が採れると言うことで 奥田塾勉強会を終わらせた一行は若者達を置き去りに 付き合いのいいお姉様達を引き連れ、筍掘りに向かうの[…]