カテゴリー ‘ 奥田塾

12月奥田塾「藍のプリント」と忘年会とお墓参り

11月奥田塾は、着色防染。慣れない方も多く、作業段階が複数だったために、終わるのが随分遅い時間になってしまいました。

12月奥田塾は藍染料によるプリントです。随分前に父親が産技研と開発した技術の1つです。
これも技術開放されているはず。

11月に続き、今回も多くの新規の方が参加してくださいました。ここ2ヶ月なんだか、新規の方にすごく参加していただいているのです。
ただ、風邪が流行っている事もあり、当日に4名ぐらいの方が欠席されました。
それでも、たくさんの方が参加してくださり、

トタン屋根に霜が。
今日はまた寒い。

技術的な説明をして、生地を張り、型を選び、糊作りへ。
メニュー通り、藍と薬品を糊の中に混ぜていきます。
そしてプリントへ

今回は色の濃さを4段階にしました。

プリントする空間は、台に熱が入っているからとてもあったか、でも、外は寒い。
故に、レンズ曇る。

藍染めのプリントによる手ぬぐい完成。柿がかっきーん。欲しい。
今回初参加の荒さんのこれ何処かで見た事あると思ったら、去年、まだ親父様が生きている時に、町田の注染工場見学して、森重さんのStudio Stickの手ぬぐい展で見た柄ではないか。橋本先生が買ったやつではないか。世間は狭い。

わるなら、ハイサワ~~って関係ないや。

プリントが済んだら、蒸して水洗い。

蒸し上がると、藍の還元剤の効果でベースの脱色にもなり、

今回はテンポ良く仕上がりました。
すべて天然の藍による色です。
素敵な作品がたくさん。出来上がりをみなさんで見つつ、
しかし、1日で全部仕上げようって言うんだから、毎回毎回大変です。

そしてそのあとは、12月恒例の忘年会です。

塾には来られなかったけど、わざわざ後から合流してくれたメンバーや、父親の古い染色仲間の職人の方々もたくさん足を運んでくださり、スタート。

料理はやはり父親の知り合いの料理長、何度なくお世話になっている樋口さん。
特別のプラスアルファだけではなく、すごく破格の値段にして貰ってしまった…
堅焼きそば食べたいという僕のわがままにも答えてくれ、
とにかくどの料理もびっくり美味しかった。至福過ぎる。料理は愛だ~~。
そんなこんなで素敵な時間を過ごし、みんなとの帰り道。

月、喰われ出す。
参加してくださった皆さん有り難うございました。

 

次の日も実は呑み会、昼間の三時から呑み出す。
今日は呑めるおっさん2人。
春日さんと小松さん。
場所は中野、近いのでついでにお墓参りも。
ついでという、あくまで失礼な姿勢。

お花を買うのかと問うと、2人とも買うという。
いらないだろ花なんかという、駄目な息子。

左は小松さん、右は春日さんのお花。
ぼくが「小松さん、トゲのある花は駄目だぞ」というと、
「おれそういうのよくわかんないんだよね」と小松さん。
「おいらよりたくさん生きてるでしょうに」
「まあでも、奥田先生は真っ赤なバラだと思うんだよね」
という、よくわからない言い訳を聞き、

やばいやばい、時間に間に合わないと、呑み会の場所へ
おいらがその昔出会った中野の酒屋さん「酒道庵之吟」の忘年会。
およそ14種類の日本酒が飲み放題!!
美味しい食事も並ぶ、お得すぎる、素敵すぎる忘年会に、今回は2人を誘ったのだ!!
お墓参りのせいで少し遅れて到着。
お店の中は人でいっぱい。
奥の席へ、おおこれでは、新しい人と仲良くなると言う素敵な機会を失ったではないか。
1本目の乾杯酒「鳳凰美田」

とりあえず呑んだお酒忘れないよう全部写真撮るのだ!!
うまい料理が並ぶ。
連日こんなにうまい物ばかり喰っていていいんだろうかっ。

1数本呑み比べていて、小松さんと僕が一番美味しいと感じたのがこの「佐久の花」

お酒の好みは近いらしい。

3時から6時のまで呑み会、隣のおじさまとも少し会話を交わすものの、ほぼ3人で騒ぎ、
呑み会が終わると、中野の駅まで歩き、コンビニでトイレに駆け込み、
アイスを頬張り、中野駅周辺で2次会の場所を探し、安いお寿司屋さんに入り、お腹いっぱいなのに更に食べる。
僕は、親父の好物でもあり、自分の好物でもやはりある、げそのたれのみを繰り返す頼む。
堅焼きそばがそうである以上に、これは同じ趣味である。
しかし、みんなにゲテモノ呼ばわりされる。うみゃいのに。
しかし、中野の路地や町並みっていいよね。おいら好き。

で、どうする、ボウリングかカラオケか。なかなか簡単に帰れない性分で、
よし中野の銭湯だ!!

ちょうど、クラブワールドカップをやっていた。いけね、忘れていた。

水風呂と熱い風呂、繰り返す、永遠ループにはまる。
気持ちよすぎる。
中野でちょっと古びれたこの感じもいい。
しかもこの渋い2人とこの展開は何ともたまらない。
最高だ。
春日さん、小松さん、いつも有り難う。
本当に最高の時間をいつも有り難う。
しあわせだあーーーーーー。
2人が10歳も先輩なことをそう言えばすっかり忘れており。

そんな2日間でした。

そういえば、ちょうど1ヶ月前、親族でやった一周忌とは別に、奥田塾のメンバーが代表して、一周忌のお墓参りを企画してくださいました。

少人数のつもりが、こんなに集まって頂け、本当にありがたかったです。
みなさんの貴重な時間、心より感謝いたします。
もう1年かあ、早いものですね。

歳をとっていい事は、素敵な仲間に会って行けることですね。
僕のふざけた遊びに付き合ってくれる人が20歳の頃いただろうかと。
あの日の夢が確かに今ここにあって、
たくさんの素敵な仲間がいて、本当に幸せ。
まあほとんど、親父の仲間だけどさ。

そんなこんなで、2011年も暮れ、別ブログでの、奥田染工場“裏”の忘年会へつづく。
みなさん、よいお年を。


  • 12月奥田塾「藍のプリント」と忘年会とお墓参り はコメントを受け付けていません。

奥田塾10月-酸性染料プリント-

工場にももう秋が来て、トタン屋根には銀杏の大きな粒が落ち出しました。
ブログ再開宣言しておいて、さぼりだしてから早1年。
有難き、先輩にちゃんと書いた方がいいよと、プレッシャーを頂き再開するのです。
タコラさん有り難うございます。


10月奥田塾は、酸性染料のプリントでした。
ネットの影響もあるのか、奥田塾の事を見つけて頂き、最近は新しいメンバーも増えています。
それと同時に、はじめた頃から、変わらず来てくださる方々もいます。
自分にとってこの場所は、物作りの楽しさをいつも感じさせてくれる場所です。
父親がはじめたことで、今は果たして自分が先輩達にそもそも教えることがあるのかというのが、大いなる疑問なのですが。

酸性染料はシルクだとかウールだとかの染色に適した染料です。

わざわざ、ずいぶん遠くから、足を運んでくださる方もいます。
昔から、必ずそういった方もいて、本当に有難いのです。
早朝に出たり、新幹線や飛行機や、夜行バスだったり。
先日も学校に通っていたけれど、こんな綺麗に染まるやり方は教わらなかったと
喜んで頂きました。

初めてこんなにちゃんと学べたと。
そういう言葉を頂いて自分が一番はじめに感じるのは、自分が恵まれた環境にいるということを忘れてはいけないな。
と、言うことです。

父親がはじめた頃から、大学の先生とか、自ら参加されて、同じような感想をよく言われていました。

染め方も何も、自分もまた、多くの人に教えて頂きました。周りの職人さんや、外部の専門家や。本当にいろいろな人にです。それは今もそうですし。

そうやって集まった奥田塾のメンバーの方々にも父が教える以上に、自分は皆さんに、本当にいろいろなことを教えて頂いてきました。

経験も知識も、教科書に載っていない大切なことも、形にはならない、大切なそれらを教えてくれる方達に本当に自分は恵まれています。
今もそういった方達に本当にお世話になっている。

素敵な人達と繋がって、物作りをしていくって本当に素敵なことです。

教室と言っても、奥田塾の場合、毎回、テーマの技法を使うということ以外、それ以上は自由な製作の時間として、布を染め上げます。
オリジナルの版を用意されている方もいれば、手描きで仕上げる方もいます。
一日しかないけれど、その中で見本ではなく、限られた時間の中での作品作りなのです。
要望の中でやり方は変わってきましたが、いつの間にか、そんな感じになっていました。
皆さん、その時間は本当に真剣です。

ってことで、残りの写真をざざっと並べて、今日はこんなところで。

宇田ちゃん、腕太くなったの。


奥田塾8月

そんなに書くの放置してたのかあとしみじみ。

こうなったら今日から週2回ずつブログアップするとここに誓うのです。
そんなに書くことあるだろうか。。

仕方ないから個人的なほのぼのブログに変えてしまうか。

奥田塾ですが当分の間、勉強会の方中止させて頂きます。
ご迷惑をお掛けします。
実習の方は変わらず続けていきます。
今月は顔料の抜染ですよ。抜染以外も融通聞きますので希望があったら言ってください。

8月はなにやったっけか。写真、写真。

反応染料についての勉強会なのです。
内容ですよね。。何やったけかあ。すごい暑かったことだけは覚えてる。

そして実習です。


反応防染ですね。先日文化服装の学生に教えて好評だった防染ではないですか。。
コレで簡単に柄が綺麗にあう~~~って。そうなのさ柄があうのさ諸君。
文化服装の話は今度ふれるとして。
ってことは勉強会もきっと反応染料の防染についてやってたんですねえ。
なんだろこのブログ。
いいのかなあこれ。ちゃんとすぐ書いておけばもっとちゃんとさあ。


そして夕日が綺麗だったのです。
いいのかこのブログ。

9月に続く。


  • 奥田塾8月 はコメントを受け付けていません。

反応染料のプリント~奥田塾実習7月~

4月から6月は酸性染料について扱いましたが、今月からは反応染料を使った染色へと移っていきます。
反応染料は主に綿素材などに使われる主流な染料で堅牢度、彩度ともに高い染料です。

プリント

生地を張ってプリントスタートです。

Tシャツプリント

Tシャツプリントしている方もいます

型洗い

型洗いにいきます

今回はベテランの方、勢揃いだったので暇を持て余し僕は遊び出しました。
こうなればストレス解消です。
続きを読む


  • 反応染料のプリント~奥田塾実習7月~ はコメントを受け付けていません。

反応染料について~奥田塾勉強会7月~

今日はどんなに暑くなるものだろうかと心配していましたが、
時々降る小雨が空気を涼しくしてくれていました。

来月までの酸性染料に変わって、今日からは反応染料のお話です。
続きを読む


  • 反応染料について~奥田塾勉強会7月~ はコメントを受け付けていません。

酸性染料の抜染~奥田塾実習6月~

奥田塾6月実習は酸性染料の抜染でした。
今月が酸性染料のラストです。

抜染とは生地のベースの色を抜いて、別の色を差し込む技術です。
たとえば、真っ黒の布を白く柄でプリントしたり、ピンクにプリントしたり。
青のベースに補色のオレンジをプリントしたり。


この布は前に染めた布に更に加工を加えていきます。
続きを読む


  • 酸性染料の抜染~奥田塾実習6月~ はコメントを受け付けていません。

酸性染料の防染・抜染~奥田塾勉強会~

6月13日は酸性染料の防染と抜染のお勉強。
いつもより参加者が多かったのと黒板を使いたかったので場所移動。
まるで山小屋の勉強会。。
続きを読む


  • 酸性染料の防染・抜染~奥田塾勉強会~ はコメントを受け付けていません。

酸性染料・防染プリント~奥田塾~

朝起きたら、近くの空にもくもくと煙が上がっていた。

後日、電柱に猫を探す張り紙があった。
猫は戻ってきただろうか。

そんな朝で始まる5月22日。
もはや遠い記憶。
更新されないブログ。。
この時期はどうしてもハードスケジュールになる。
でも本当に忙しいのかというと確かに休日というのが来た気はしないけど
これが限界な訳もない。
時間の使い方をもっとうまくしたい。
もっと中味の濃い毎日を過ごせるようになりたい。
くだらないことに悩みつつも。
今、やらなきゃ行けないことがたくさんあるのだし。

そんなこんなで前置きが相変わらず長いブログは
5月22日。奥田塾。酸性染料の防染プリント。


続きを読む


  • 酸性染料・防染プリント~奥田塾~ はコメントを受け付けていません。

直接染料と酸性染料~奥田塾勉強会~

5月奥田塾、勉強会では
4月に続き、直接染料と酸性染料の種類と特性。
各種糊剤の適正と種類。
色落ち、色変化について。
抜染における可抜不抜、還元、酸化について。
防染について。
酸性染料、ミーリングタイプ、ハーフミーリングタイプ、レバリングタイプ、含金酸性染料について。
ウール染色の特徴。
などなど学びました。
皆さま、貴重な休日だというのにご参加ありがとうございました。

当日の参加者のyuuさんが色変化についてピックアップし、少し発展して説明してくれてます。→


  • 直接染料と酸性染料~奥田塾勉強会~ はコメントを受け付けていません。

奥田塾後半戦~筍掘り~

竹冠に旬と書いて筍。

まさに旬です。

前半戦はこちら

いつもお世話になっている赤髪Hさん。
山で育ったHさんの実家で筍が採れると言うことで
奥田塾勉強会を終わらせた一行は若者達を置き去りに
付き合いのいいお姉様達を引き連れ、筍掘りに向かうのでした。

若者達よ、来てよかったんだよ来て。
本当はみんなで一緒に行きたかったり、そうでなかったり。。

ってことで週末の本番です!!


続きを読む


  • 奥田塾後半戦~筍掘り~ はコメントを受け付けていません。

return top