ラジオ出ました。

12月25日 クリスマス
地方創生2020
日本カワイイ計画。 with みんなの経済新聞
という、ラジオ。今年最後の放送に出ます。

25日、僕の一部の、2、3人の濃いファンのみなさまぜひ。

そして、以下の通り、地方局がメインになるので、岡山や山陰や東北の友人はいいとして、
都市部の人は、アルミホイルを巻き付けたラジオを片手に、自転車をこいで、電波が拾えるところまでひたすら、ただひたすら走ること。

もしくは、JFN PARK という公式アプリをダウンロードすると、スマホでどこでも聞けるらしいけど、それはあくまで最後の手段で。

ネット局 無印は日曜 0930-0955

岩手(火12)・仙台(日800)福島(日0600)・群馬(月1130)・栃木(日830)・新潟(日1830)・富山・石川・福井・岐阜(日530)・滋賀(日1830)・岡山・山陰(日830)・香川・徳島・高知・佐賀(日830)・長崎 #65 12月25日オンエア分  パーソナリティ 篠原ともえ  コメンテーター 西樹

#日本カワイイ計画。
#東京FMのスタジオに入れた
#はじめてのラジオ
#内容を知らない
#気を失うほど緊張した

1年に1度の、美味しいもの。


植物が友達だった“健全な”引きこもりだった僕が、自分の意志ではじめて東京から出た、飛行機という物を使って、たいしてふたりでは、話したことなかった高校時代の友人と旅に出た日。

男同士でなんだか温泉旅館に泊まって気まずさに殺されそうになった次の日、
怪しい、少し傾いたようにも見える安宿のバーのマスターと知り合って、変態で変人の Every Little Thing のいっくんそっくりの、そのマスターが、元ホンダのテストドライバーだったそのマスターが、この芸能人同級生なんだぜって自慢してきたそのうさんくさいマスターが、つまらないギャグの間で、エロトークの間の、為になりそうな人生訓のその隙間で、美味しい物を教えてくれて、日本酒って、美味しいんだって教えてくれた、その20代前半。

東京に帰ってきて、同じ日本酒どこに売ってるだろうと探したら、うちのお墓の近くの酒屋さんに見つけて、そこで出会ったのが之吟さんで、

美味しい日本酒をたくさん教えて貰えて、その奥に美味しい食材もたくさん隠し持っていて、その時はおっきな犬が2匹いて、今はイケメンのロビンくんがいて、

そんなこんなで、お墓参りのついでに、お酒を買うようになりました。うそです。お酒を買いに行くついでに、お墓参りをするようになりました。お墓参り行ってくると言って、お酒を買いに行くのです。お墓参りのついでに買ってきちゃったと言えば、何かに許される気がするのです。

先日、はじめて父親の七回忌のお墓参りのついでに、母と姉を連れて、お酒を買いに行きました。そっちが先なのははじめてでした。

そんな酒屋の之吟さんは、毎月イベントをやっていて、年の終わりは、忘年会があって、焼串さん(というお店)の美味しい料理とともに15、6種類の美味しいピックアップされた日本酒が呑み放題でという、そして値段が破格という会があって、10年前、僕は人生ではじめて、未経験の美味しいものの怒濤の攻めに、記憶を失いました。幸せだったという感覚だけ残して。

お酒で記憶を失ったのは、未来にも過去にも、その一度だけです。その予定です。

毎年、そこでだけ会う何人かの友人も出来ました。そのときだけで次に会うことのない方もいます。

そして、午後3時からはじまる会だから、2次会だって、この美味しい時間の名残惜しさにかられ、横に座った人と、どこかにゆくのです。中野の街に吸い込まれて行くのです。
年に一度だけ。

そんな之吟さんは今年で20周年だという。

いつもすでにスペシャルなのに、さらにスペシャルな料理が並びます。

写真はイノシシのバラ肉。日本酒を引き立てる料理達。

美味しいってすごい。

すごく、はかないのです。こんなに美味しかったんだ、という想いを留めることは出来ません。

どんなに幸せでも、どんなに美味しくても、ただその時だけなのです。その時だけの感覚なのです。

毎年、席に座り、お酒をふくみ、料理に箸をのばし、ああそうなんだ。こんなに美味しいんだ。こんなに幸せなんだ。そうなんだ。忘れてた。今日も来てよかった。焼串のオーナー天才過ぎる。どれだけ才能があるのだ。才能の無駄遣いだ。顔がいかつい。誰かに似ている。似ているけれど誰だか思い出せない。ああ、そろそろ1年が終わるや。

と、カウンターの一番奥の、いつもの席に座りながら、思うのです。

みんなに美味しいからと誘うと、わりとさらりと断られます。
こんなに美味しくて幸せになるのに、といっても伝えるのは難しい。
経験すれば、その味を忘れなければ、すべての用事を捨ててでも、僕は足を運ぶほど幸せだというのに。

価値を共有することって、本当に難しい。経験のない人にありのままの価値を伝えるのは本当に難しい。

いや、それにその幸せを人は時間とともに忘れるのです。経験していたって、同じ時間に戻るまで、こんなに幸せだったということを忘れるのです。

美味しいは儚い。

本当に美味しい物を口に含んだ時の、

ああ、おいしい。

という、ため息にも似た感覚が好きです。

そうして、その時だけの幸せが広がっていくのです。

なんだ、この文章。

美味しい物を教えてくれた人たちに、心よりを感謝を。
美味しいものを生み出す、日常の、愛に溢れた人たちに感謝を。

#之吟 #焼串

『ものづくりプラットフォームin八王子』を終えて

あのブログを書いた時、そうかこのクオリティで物作りをする会社がやめてしまうのか、
八王子の内側しか知らなかった僕は、繊維の知識も乏しいし、全国の状況も、どんな物作りをしているのかも知らなかった。
今読むと、すごく勉強不足だったなとどうしても思う。
何も知らないときは、何でも、どこかに悪人がいるように思えてしまうけれど、知ると、物事にはそうなる流れが必ずあって、いまなぜそうであるかの背景がある。

全国の布を見て、この前用事があって、今は学校の研究所となったその施設に並ぶたくさんのサンプルを見ながら、
やっぱりずば抜けてすごいや、と思ったし、
こんなにすごいものが身近にあったのかと、それを、誰かの言葉を借りるわけでもなく、あの時よりずっといろいろ見た自分の目で
その自分の感覚で、感じることが出来たことが、すごく嬉しかった。

素晴らしい物作りは、その本人がたとえ儲からなかったとしても、その影響を受けた多くの人によって、数多くの結果に結びついていく。
一見、つながっていないように見える出来事も、本人に話を聞けばつながっていたりする。
そこに道があることを、その先に世界があることを、示してくれた人の力というのは、本当に大きい。

あれ以来、何をいま行動すべきか考えた時、この八王子の外に目が向いていたけれど、
たまたま、たまには顔を出して、何かやらないとオカド染工業の山口さん(協議会会長)に声を掛けて頂いた時に、
とにかく、何が嫌だって、中身もなかったり、時間つぶしになるような企画なんて絶対にやりたくなくて、
やるなら、価値のあることに時間を注ぎたくて、どうしたら価値のある時間になるか考えた時、
宮浦さんのことが浮かんで、うまくやっている産地の現状をその情報から、というのが入り口だった。
時間もないから、勝手にやるしかないし、あとで怒られればいいやということで。

実際、宮浦さんの原点が八王子から始まっていたのを知らなかったし、今まさに学校をはじめようと準備していたり、八王子の周りには美術大学がたくさんあったり、たまらびのつながりで八王子で積極的に活動している人とか、古い八王子の雑誌がちょうど出てきたり、
ここ最近個人的に、それは産地を周りながらも、布に限らず、今まさに、地方で起きている食や暮らしや、その活動の数々に、すごく魅力を感じていて、そんなことを照らし合わせながら、この街で、身近な場所で、何かが始まってくれたらいいな。そのためにはいろいろな人の情熱の交わりがきっと必要で。

と、久しぶりに八王子に戻って何かをした気がする。あれ以来。
講演の前に宮浦さんとした八王子ツアーもなんだか楽しかった。
全国の見える化も必要だし、それがつながることも必要だし、だからこそ、そのつながりの基礎となる、地域が魅力的な場所であることは必要だと思う。
それは、みんなで仲良くじゃない。そんなの絶対にうまくいかない。そういうのは、変な平等主義が横たわって、地元ってやつはどうせつまらないことしか出来なくなるんだ。
喧嘩しろとか、あいつは何もわかっていないと、誰かの悪口を言えってことでもない。
情熱のある人たちが、ほどよい距離感で、どう絡めるか、それ一極だと思う。
そういう意味では、地元でさえ、どこにどんな人がいるかのつながりは大事だと思う。
同時に誰かがやってくれると、みんなが押しつけあっているとしたら、まだ余裕があるんだと思う。
名前だけのコーディネーターを補助金で呼んだところで、当事者になるべき人がいなければ結局うまくいくわけもない。
肩書きはあとで作ればいい、文句を言う人には、行動と結果でとにかく示せばいいと思う。
そしたらきっと、最後は味方になってくれる。
熱意を共有出来る仲間は、行動さえしていれば、必ず見つかる。
いや、見つかった方向に行けばいいと思う。

いま、まさに、人の幸福は、個人と個人のやりとりの中にこそあって、
人の暮らす、その街に、どんな魅力を生み出していくのかという、次の資本主義への時代へと進んでいると思う。
やれることはたくさんある。
表現者は、黎明期の時期の表現者にあの頃はなんでも出来たと憧れるけど、
まさに、その街や村でいまだからこそ出来ることは、黎明期そのものだと思う。
黎明期そのものであるのであれば、僕らはもっとワクワクしてその事実に立ち向かえるはずなのだ。

なくなるのか、なくならないのか、モニュメントを墓場のように残すのか、それでもなお、八王子に、織物の街の幻影を残すとするなら、新しい何かに生まれ変わるしか、その手段はないと思う。
それなら、その、素材のすべてがなくなる前に。
技術は石で固められない、機械は残せても、蓄積されたノウハウというものは生き物なのだ。
そして、土地が本来持っている力を、新しい時代のためにまったく新しい形につなげていけばいいのだ。

今回の講演の企画に声を掛けていただき、最後までサポートしていただいた協議会会長の山口さん、それにいつもなんだか結局動いてくれる、中山メリヤスの中山さんに、大恵の小宮さん、本当にありがとうございました。
講演会に呼ばれたにも関わらず、むしろ企画管理させられた、チームセコリの宮浦さんに山脇さんに下山さん、
また、関係もないのに、打ち上げの準備をしてくださったトリッキーの髙須賀文子さん。当日会ったばかりなのに、ホッチキスしてくれた吉野さん。学生に声を掛けてたくさん連れてきてくれた藤田さん、何より今回、急なお願いに協力してくださったすべての方々に、
そのほか、困ったときにいつもおいらを助けてくれる仲間に感謝を。廣瀬さんにこまっちゃんに、つだちゃんに、ダニさんに、もなっちに、橋本さんに、里ちゃんに。
そして、東京の端っこまで足を運んでくださった方々と、八王子の方々と、アンテナ立ててる学生に心より感謝いたします。
直前の企画で、金曜日の6時半スタートで、そんなふざけた時間設定だったにも関わらず、予定していたよりずっと多い方に足を運んで頂けました。
って、質問のコーナーで、あんなにどの質問のクオリティも高いことってまずない気がします。八王子まで来る人はやっぱり違います。
新しい出会いに心より感謝いたします。

講演会は呼ばれるばっかりで、企画したことそういえばなくて、次からはもっとちゃんとやります。がんばります。
あ、初めてのラジオ、25日にあります。あれも、、、つぎ機会がもしあったら、もっとちゃんとやります。

せっかく生きているんだし、死ぬまでは、楽しいことやらないと。
仲間をゆるゆると、さがします。
次はせめて、今より3歩は進んだことを。

photo by okadosenkogyo

ものづくりプラットフォーム計画 in 八王子(予約状況)

今回は、非常に多くのご応募を頂きありがとうございました。

織物の街、布に関わる、八王子ファッション協議会、
また、八王子の街をもっとよくしていこうと、様々な活動をされている方々、
そして、八王子周辺の数多くのものづくりに関わる美術大学

そういった方々を未来に結びつけるような、何かの流れが生まれるような、ささやかなきっかけのひとつになることはないかと考え、急でしたが、日本各地を回り、人をつなげてきた、宮浦さんの講演が八王子であったら素敵ではないかと考えました。

また、これほどの反響を得られるとは思っておらず、ご希望を頂いたにも関わらず、ご期待に添えない形となっており申し訳ありません。

本当はもっと、学生に無料でそういった機会をと考えていたのですが、必要な数ではなかったと思います。

上限により参加申し込みを締め切りましたが、キャンセルフォームを開きました。

たくさんのご希望を頂いている状況ですので、可能であればまた同じような機会を作ることが出来たらと、いま考えております。

ですので、以下に記入して頂いた方には、キャンセル待ちと同時に、次回開催の場合、先行案内をお送り致します。

今回は行けなかったけれど、次回は是非と考えて頂ける方も、以下のフォームに記入して頂けたら、そんなに言って頂けるなら、何かもっともっと素敵な会やろうって、盛り上げていければと思います。ご協力お願いいたします!!

以下、キャンセル待ちのフォームになります。
https://docs.google.com/…/1wwknInkP6B_Y6B9EM0qv5XYNK_-0nEX…/

何より今回は、至らぬ点が多々あり、申し訳ありませんでした。

ものづくりプラットフォーム計画 in 八王子

八王子ファッション協議会の主催にて、今年を締めくくる無料講演会を行います。

今回、自分が企画と、当日の司会を担当させて頂く予定です。

会場の関係で、予約の上、先着順になりますので、ご注意ください。

【イベント概要】
「ものづくりプラットフォーム計画 in 八王子」

登壇者 宮浦晋哉(Secori Gallery主宰)

日時:12/16(金)18:30〜20:00

内容 : 日本全国の産地訪問を通して肌で感じてきたこと、多くの出会い、成功例や産地ごとが抱える問題、それを見てどう行動してきたか。そして今後目指すものは。
多くの人が必要だと思いながら、出来なかったことを、彼は軽やかに行動に移しました。
八王子をきっかけに産地巡りをはじめて4年、初めて、その4年間を振り返ります。

場所:八王子市学園都市センター12F 第5セミナー室
〒192-0083 東京都八王子市 旭町9−1 八王子東急スクエア
http://www.hachiojibunka.or.jp/gakuen/gakuen_seminar.php

定員:40名(先着順/無料招待分)
※このイベントは事前のお申し込みが必要です。ご希望の方は、必ず下記リンクより登録をお済ませください。
https://goo.gl/forms/Jd1IE1X4WI1uoH7E2

人数が上限に達したので、予約の受付を終了しています。

学生の方は、
https://goo.gl/forms/6KTm7MDjqvAunf3a2
以上より、まだ数席予約出来るようにしています。

そのほか、一般の方で、どうしても行きたい。
予約しそびれたという方がいましたら、自分の方に直接メッセージ頂けたら、随時対応いたします。

参加費:無料

主催:八王子ファッション協議会

15310524_1149147751837563_1921583057_n

<プロフィール>
・宮浦晋哉
1987年、千葉県生まれ。ファッションキュレーター。2016年度名古屋芸術大学デザイン学部特別客員教授。London College of Fashionファッションメディアコース修了。2013年各産地の魅力を集めたコミュニティスペース「セコリ荘」を東京の月島に設立。2015年「セコリ荘」の北陸バージョンである2号店「セコリ荘金沢」を設立。年間200件の工場訪問を通して、執筆、書籍制作、工場とブランドのマッチングを行う。「EVERY DENIM」代表・山脇とともに、日本の繊維産地の課題解決に特化した人材育成「ものづくりの学校」立ち上げ中

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
八王子は帰国してはじめて訪れた繊維産地で、
いちばん最初に訪れた職人さんでもある、みやしんの宮本さんに会いに行った日が僕の活動のはじまりになりました。
持っていった企画書を見てくれて、
「繊維産地、全てまわって来た方がいいね」と預かった資料を片手に、翌週から夜行バス生活がはじまり、いまに至る感じです。
訪問のきっかけになったのが、
2012年9月19日の奥田さんのブログ。
みやしんの廃業について思うこと
『いいものを作ることと儲かることはそもそも違う』
http://blog.okudaprint.com/2012-09/miyashin
その数ヶ月後、新宿の雑居ビルの屋上でビール片手に遭遇したのが奥田さんでした。
その後は、宮本さんにも奥田さんにもお世話になり続け...
八王子ファッション協議会のツアーでは、はじめて経編やプリーツ加工を見せていただいたり。
そんな八王子のファッション協議会の2016年を締める重大なイベントで、奥田さんに素敵な機会をいただいて、
これまでやこれからや、危機感やアイデアや、ものづくりの学校についてお話させていただくことになりました。
(セコリブログより:http://secoriblog.blogspot.jp/2016/12/in.html)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー