ドリフターズ・サマースクール2013に講師として参加します。

今年の夏は、なっせんの夏。

なのかどうか。

夏のイベントに参加します。

夏は遊びますが、あんまりはたらかねえぞと宣言しつつ。
今年は文化二部のワークショップ盛りだくさんの夏ですが。

そんでもってこの得体の知れない。ワークショップにも参加します。

町並みを切り取るような布のプリントをその土地でしたいなあと企てている。
あんまりまだ詳しくはいえませんが。
仲間募集中。
そんな、わくわくどきどきなプリント計画を立てていまして。

そのちょっとプロローグみたいな気分で。
機材と仲間と共に、本イベントに参加します。

建築、ダンス、ファッションが絡まる。なんだか得体の知れない感じです。

7月16日までで、参加者募集中です。
詳細は以下の引用を参考にしてください。

ちなみにそれとは関係ありませんが、
その先のプリントイベントの協力者も静かに募集しております。
ちっちゃい自動車にいろいろ詰め込んでゴトゴト田舎を走って、機材を出して青空の下、わはわはいいながらその場でデザインして、プリントしてばあちゃんとじいちゃんにプレゼントして帰るような。
ただビールが飲みたいだけの会です。
※イメージです。イベント内容はまじめな話だときっと違います。

 

NPO法人ドリフターズ・インターナショナルとは?
都市の隠れた回路を探り出す「漂流」というアイデアに刺激を受け、中村茜、金森香、藤原徹平の3人の理事が設立しました。
建築・パフォーマンス・ファッション・アートなど様々なジャンルから流れてくる、エネルギッシュな表現の出会いの場を作り出し、ダイレクトかつメトロポリ タンで、ポップかつまじめなシーンを、ぱたぱたと近所の路地裏から実現させ、あるいは海外に漂流させ、また海外のまだ見ぬ表現を日本にまで漂流させるよう な時間を作り出します。

2010年から毎夏開校し、多分野を横断した実験的な表現に各分野から注目があつまる「ドリフターズ・サマースクール」が、今夏も開校します!
4年目となる今年は、昨年までとはかたちをかえて、より領域横断的で実験的な創作を通じて、自由でダイナミックな新しい表現を追求します!!

<これまで以上に実験的な今年のサマースクール>
●ダンス・建築・ファッション・制作などジャンルによるコース別けを無くし、専門分野もバックボーンも違う人達がひとつのグループで創作します。よって、メンバーが専門分野を越えて創作に取り組み、対話を深められ、ボーダレスな創作環境でクリエーションができます。
●最終成果発表を「公演」と限定せず、 発表のスタイルから受講生たちで作り上げていくので、誰も見たことがない新しいジャンルの表現に取り組めます。
●受講生60人から25人の少人数制とし、ひとりひとりががっつりクリエーションに参加できます。

監修講師:篠田千明(演出家/作家)
講師:飛田正浩(spoken words project)、佐々木文美(FAIFAI)、石川初(ランドスケープデザイナー)、菅俊一(研究者・映像作家)、textile×design notes(奥田博伸・近藤正嗣・シミズダニヤスノブ)、藤原徹平(建築家)、宮村ヤスヲ(グラフィックデザイナー)
講師プロフィールはこちら  ※ほか講師後日発表!

スクール・プランナー:中村茜、金森香、藤原徹平、宮村ヤスヲ、仲野安紗(NPO法人ドリフターズ・インターナショナル)

スクール期間:7月20日(土)~9月29日(日) 毎週火・土曜日
最終成果発表:9月21日(土)、22日(日)
スクール会場:森下スタジオ
最終成果発表:横浜市内

今年のクリエーションテーマ:「移動」
私にとっての移動は、ある一点から一点へ、座標が移ることではない。
びゅんびゅんごまを垂直にしてまわすのをイメージしてもらって、ぐーん、ぐーん、とリズミカルにまわっている時の力の係数のことだ。
強くまわすために力強くまわす、ということでもない。あくまでバランスを保ちながら、係数を少しづつ調整してまわす。
人のGPSと土地のGPS、実際の場所性から切り離されても、もともとはつながっているものだから、その二つはふたつの盤となって、お互いにジャイロ効果を及ぼし合っている。
移動から生まれる物語は、その係数の閾値から生み出されてくるものとなる。
篠田千明(演出家/作家)全文はこちら

<今年のサマースクールの魅力>
●「移動」をテーマに、作品発表形式にこだわらず自由な発想で実験的なクリエーションができます。
●作品全体を監修する講師・篠田千明(演出家)が、ダンス・演劇はもちろん建築・ファッション・デザイン・アートプロデュースを志す受講生ひとりひとりの創造性を引き出し、受講生とともにインパクトのある作品をつくりあげます。
● ファッションデザイナーの飛田正浩(spoken words project)、textile×design notes(奥田博伸・近藤正嗣・シミズダニヤスノブ)がファッションだけでなく、グラフィック・空間美術などにも応用できるシルクスクリーン印刷をレク チャーします。
●演劇・ダンス・舞台美術・建築・ファッション・グラフィック・制作など各分野の最前線で活躍する講師と様々な角度から意見交換できます 。
●今後も 追加講師あり!多面的にクリエーションの手法を学べます。
●期間中スタジオを借り切っているので、授業日以外でも自由にクリエーションができます。

<応募方法・概要>締切:2013年7月16日(火)締切
応募方法:以下の項目を info@drifters-intl.org までお送りください。
件名> サマースクール受講申し込み
本文> 氏名(ふりがな)、住所、電話番号(携帯電話)、連絡用メールアドレス、年齢、性別、経歴、志望理由(400 字以内) ※書式自由
添付> 顔が分かる本人写真(スクールにて受講生・講師に配布する名簿に使用します)

応募条件:経験不問。ほとんどの日程の授業に参加でき、授業日以外も積極的にクリエーションするやる気のある方
受講料:37,000円(授業初日に受付にてお支払い頂きます)
募集定員:25名 ※定員を超過した場合は選考となります。
※6/22(土)入学説明会&相談会のレポートはこちら

問い合せ:NPO法人ドリフターズ・インターナショナル
03-6447-1062 / info@drifters-intl.org

日程:
スクール期間:7月20日(土)~9月29日(日) 毎週火・土曜日
最終成果発表:9月21日(土)、22日(日)
会場:
スクール会場:森下スタジオ
最終成果発表:横浜市内
クレジット:
スクール・プランナー:中村茜、金森香、藤原徹平、宮村ヤスヲ、仲野安紗(NPO法人ドリフターズ・インターナショナル)
事務局:兵藤茉衣
協賛:アルタカ株式会社
助成:公益財団法人セゾン文化財団、ACY先駆的活動助成
主催:NPO法人ドリフターズ・インターナショナル