色が深く染まる魅力について phro-flo

布をプリントする世界において、色は奥深く染まれば染まるほど綺麗だと言われます。

柄染めでは奥まで染めようとするほどに、写真的な精細さを表現するのが難しくなり、逆に写真的な精細さを表現しようとすると、表面的な部分にしか色が入らないという傾向があります。
細かい粒子で染めれば、写真的な印刷になりますが、細かく横に広がらない分、布の奥にも進みにくい。
そうなると、上っ面が染まった布と言うことになる。
感覚的には、染めという響きより、印刷というイメージに近いというか。染められた布と言うより、印刷されたというイメージですね。
それは身につける色面の表現としてどうしても弱さを持ちます。

2013年の柄のひとつ、桔梗の柄は注染という技術で染まっています。
120年続いた注染屋さんの最後の仕事になってしまったと言う話はここで触れました。

注染というのは折り返して、注ぎながら染めるため、裏表がなく染まる技法です。
ただその分、絵際や精度に難点があったりします。
主に手拭いに使われる技法で、後に浴衣へと広がっていきました。
浴衣には、注染で染める粋さと言うのがあります。
やはり、第一義的には、裏表のない染めである綺麗さや色の確かな強さというのがあると思うのです。

インクジェットがこれからより技術的な向上も進み、普及して主流の印刷方法になっていく、その中でそういったデジタル機器から出るような微細な柄が増えるほどに、注染のほっこりとした染めはむしろ価値を持つようになって来ると思うんです。
ましてや、注染の場合、決して同じものが続くわけではない。

去年、初めて自分で注染という技法をお願いして、他にはない独特でそれしかない魅力で染まる技法だなと感じたんですね。
すごく暖かみがあって、優しくて、染めの表現ってこんな風な魅力もあるんだなと実感しました。

そうなると、自分の技術でもある、シルクスクリーンで、その持っている魅力の一端を、どう表現するのか挑戦してみたいと思ったんです。
量産的な思考や、手間を考えたらあまりやる価値はないのかもしれないけれど、自分の範疇であれば、十分試すことが出来る。
たとえそれが仕事にならなくてもいいんです。表現としてやりたかったんです。
そのための浴衣ブランドだったりもして。

3つの柄、撫子、縞撫子、無地名菊。技法をそれぞれ使い分けてシルクスクリーンで表現しています。

特別で新しい技術を使うと言うことではないです。
単純な技術の組み合わせだったりします。
裏表なく染める、ぼかしをなめらかに染める。
どちらも、注染が得意として、シルクスクリーンが不得意としている要素です。
不得意と言うことは、出来るけれど、手間が掛かると言うことです。
ただそこをやってあげると新しい発見があったりもします。
さらに、キチッと柄が出ると言うより、手で型染めで、そういう緩やかなブレの表現も出したいと思いました。
これもやっぱり、自分のブランドだから出来ることです。受けた仕事だったら、怖くて手をなかなか出せません。
毎回どう出るかわからないですし。
捨てられがちな、そういう領域の染めが自分が好きだというのもあります。

2013年の今期のシーズンは、すべての柄が、裏表がない染めになっています。
もしくは裏表があっても、裏もまたそのテクスチャーが美しい。
という表現です。
同じ柄でも、色によって方法を変えていたりします。
たとえば、無地名菊の黒は、わざと、色が抜ききれないように、また色が白く抜けてしまわないような加工をしています。

色が奥まで入れば、色の力が強くなる。
色が強く、そして少し自由に遊んでもらう。

吉祥寺の展示会場では、光が通り抜けて、通り抜ける風に布が揺らいでくれるように、飾りました。
布を光が通り抜けるとき、光は色を運びます。
光が透けると、その色の力の差はより明確になります。

色が染まっているって、いいなと思いました。
花暦という今回のテーマ。
古い物と新しい物が優しく融合してくれるような。

さらに今回の技術で出来ることを前進させてみたいなとも思っています。

色が裏表なく、奥まで入る。その価値や感覚を、是非実感して頂ければと思います。
やっぱり違います。
ああ、染まっている。という感じがするんです。

新宿伊勢丹での販売は7月2日までです。それで夏休みが来ます。
夏だ夏。

僕はもう少しで、仕事を放り投げて、遊びに行きます。

ああそうそう、浴衣を着るってすごく良いですよ。ちょっと上がります。やっぱり日本人だなあ。と思うわけです。
この先も、身につけたときに心からそう感じられる、一着を作っていけることが出来たらいいなと思っています。

DRIFTERS INTERNATIONAL トークショー及びワークショップ WEBマガジン掲載

先日のトークショーの内容がWEBマガジンに掲載されました。
左から飛田さんに、山田うんさん、で、僕です。見えない左側に、金森さんがいます。
山田うんさんとは初対面でしたが、とても魅力的な方で、お話しできて本当にうれしかったです。

僕はやっと後半で話し出します。
浴衣最終日と重なって、ギリギリでたどり着いたため、話を聞いている間、ずっと、のど渇いた。のど渇いた。と思っていました。
すいません。関係ない。
表現についての内容が多くておもしろいです。

前半
http://drifters-intl.org/magazine/report/1136

後半
http://drifters-intl.org/magazine/report/1182

 

「ぴゃるこx spoken words project/JUBILEE/hachibunno5 「シルクスクリーンしよう」WORKSHOP」レポートはこちら
http://drifters-intl.org/magazine/report/1236

ドタバタのまま、そのまま打ち上げに行きました。
ワークショップ、協力していただいた皆様、本当に有り難うございました

NHKワールド『TOKYO FASHION EXPRESS』出演のお知らせ

SN3S0847

NHKワールドのTOKYO FASHION EXPRESSにて、奥田染工場と、自分のことを特集して頂きました。
海外向けの放送ため、英文になりますが、以下リンクになります。
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/tv/tokyofashion/

以下、国内での放送の見方です。海外向けのためちょっとややこしいです。

国内ではインターネットで見ることが出来ます。(スマフォ用アプリもあります)
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/
放送時間:6/25 (火)
0:30 / 4:30 / 8:30 / 12:30 / 16:30 / 20:30
(4時間おきに計6回放送)

地上波でも、Eテレサブチャンネルにて見ることが出来ます。
放送時間:7/3 (水)15:00~15:28 国内DE2(Eテレサブチャンネル)
※サブチャンネルの視聴方法
http://www.nhk.or.jp/digital/terrestrial/pt08.html

今回、自分の身のまわりの様々なデザイナーや学校、工場などにご出演、ご協力頂きました。
また、先日の吉祥寺でのphro-floのゆかた展の風景も撮影して頂いています。

どんな内容になるか自分もまだ確認していませんが、自分の身の回りの風景を限られた時間の中ですが、多角的に撮影して頂きました。
撮影のために、貴重な時間を割いて協力して頂いたすべての方々に心から感謝いたします。
また、貴重な機会を頂いたスタッフの方々、本当に有り難うございました。

phro-flo 新宿伊勢丹『yukataで着こなす、和洋スタイル』 6月19日(水)~7月2日(火)

yukataで着こなす、和洋スタイル

■6月19日(水)~7月2日(火)
営業時間:午前10時30分~午後8時 

■伊勢丹新宿店本館7階=呉服/プロモーションスペース map

伊勢丹のYUKATAはモードへ。
「ミキリハッシン」「ぴゃるこ」などを手がける気鋭のファッションディレクター山口壮大氏を迎え、
ローブやワンマイルウェアとして着こなせる、新しい「モード」のゆかたスタイルを提案。
<ミナペルホネン><シアタープロダクツ><アンリアレイジ><ファセッタズム>の4ブランドとコラボレーションした、
簡単に着こなすことのできる「つい丈」のオリジナルゆかたをご紹介いたします。
また同時に、テキスタイル使いや、バックプリントを使用した mitasu+、
アパレルブランドのプリントを手がける奥田染工場が提案す る phro-flo のゆかた、
山口氏の<ミキリハッシン><ぴゃるこ>の小物雑貨を一堂に集め、
新しい YUKATAを伊勢丹から。

以下から、イベント詳細やデジタルカタログが見られます。
http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/store/shinjuku/event/1306yukata/index.jsp

シアタープロダクツさんのゆかた製作についてなど、phro-floのブログはこちらから
http://blog.phro-flo.com/2013-06/isetan

ウサギノネドコという場所。

僕がテキスタイルマルシェで赴いた京都で出会った素敵な方々。
その話には番外編があって。
僕らは実は、とても素敵な秘密の場所に出会ったんです。

ホオズキ

鎚絵の大野さんのご紹介でわざわざマルシェに足を運んで頂いたウサギノネドコの店主、吉村さん。

マルシェが終わって、疲れを背負いながら、さんざん呑んで、なぜか男女こもごも合宿気分で朝の4時まで大富豪をしたあげく、数時間後に目を覚まし、めんどくさいけど、来てくれたし、せっかくだし、付き合いだし、寄って帰るかあ。なんて失礼な姿勢で向かった場所がウサギノネドコ。

そんな失礼な姿勢だったにも関わらず、僕もみんなも入った瞬間に目の色を変えました。
心から、来てよかったと思いました。

不思議な木の実に、宇宙に転がる隕石のような不思議な石。時を閉じ込めたロマンチックなキューブ。
なんの用途にもならない物たちが、雑然と並んでいて、見れば見るほどに発見があって、またその木の実がどういう物か、その石がどういう物か、店主の吉村さんが楽しそうに教えてくれるんですね。
子供の頃に夢見たような、ファンタジーの世界の道具屋さん。
きっと用途のない道具の中に、不思議な力を持った道具も混ざっている。
日常の中では感じられない、生命の力が生み出した、不思議な世界。嘘ではない、実在する物が世界中から集められ、並んでいるんです。
子供の頃感じたわくわくする心がどんな物か思い出させてくれました。

ウサギノネドコ

ウサギノネドコ自体はお店兼、宿泊施設になっていて、その空間性の細かい部分まで本当にデザイン的配慮が行き届いていて、無駄なんてひとつもなくて本当に美しい。
ああ、美しいなと感じるんです。
本当にかゆいところまで意識が行き届いている。

ウサギノネドコ2

そのあまりにも感性を刺激してくれる素敵空間の虜にすぐに僕らはなって、たいした広さではないのだけれど、そのあまりの奥深さに、何時間も滞在してしまうことになりました。
子供の頃って、とても狭い世界の中で、その先にある未知の世界に対する、果てしなく深い想像力があったと思うんですね。
こんな場所があってくれて、本当にうれしいという気分になりました。
みんなの夢の中にはあったんだけど、どこにもなかった世界を、そこに作ってくれたと心の底から感動しました。

ウサギノネドコ3

でもこれ、写真では全く伝わらない。
写真を撮ってもなんか駄目なんです。
その場所に行かないと、その良さがまったくわからない。
写真で伝わらないんだっていうことが惜しくもあるけど、
現代のインターネットの手軽に情報を得られる世界において、こういう場所があるってすごい有り難いことだと思うんですね。
やっぱりファンタジーの中の不思議な道具屋さんだから、そしてそれが実在するのだから、自分で発見しに、その素敵さを感じにちょっと頑張って足を運ばなければなと思うんです。

紹介して、混んでしまうのはいやだけれど、でもぜひ、あの感動を感じてもらえたらなと思います。

で、ですね。
そんな吉村さんの初めてだという個展がいま、東京で開催されているんです。
ご本人がこちらにいらっしゃるうちに、足を運べればと思ったのですが、すごく混んでいるらしいと言う噂を聞いて、みなさんとお会いするより、静かになった会場で初見からゆっくり見たいなあという、僕のねじ曲がった性格のため、まだ足を運んでいません。
わがままでごめんなさい。
めっちゃ楽しみにしております。いひひひ。
またみなさんとお会いできる日を楽しみにしつつ。

以下、gallery kissaさんのサイトからの引用です。

自然の造形美展 〜Nature Art Exhibition〜

nae

2013.06.06(thu) – 07.06(sat)

植物をアクリル封入したプロダクトブランド、宙 -sola- による初の作品展「自然の造形美展~Nature Art Exhibition~」を開催いたします。

メイン展示では、仏教の世界で宇宙を構成する五大要素「地水火風空」を、植物で表現します。
3D プリント、CT スキャン、レーザー彫刻などのテクノロジーを使った試みにもご注目ください。

また、本展示のためにつくられた1品ものの Sola Cube を展示•販売の他、鉱物の造形美をテーマにした「旅する小惑星」や、未発表の新ブランドである「UNINOCO」などの自然の造形美をテーマにしたプロダクトを展示いたします。

水•木•金•土   12:00~19:30
日         12:00~17:00
月•火       休廊日

 

会場へのアクセス

所在地:東京都台東区浅草橋3-25-7 NIビル4F 最寄駅:都営浅草線 蔵前駅 徒歩3分

4階ですがエレベーターが無く、階段でお上がり頂きます。ご容赦ください。

電話 : 03-5829-9268 ファックス : 03-5829-9157
info@gallerykissa.jp

gallery kissa
NI Bldg 4F, 3-25-7 Asakusabashi, Taito-ku, Tokyo 111-0053
TEL: 03-5829-9268
Open 12:00- 19:30 Wed – Sat, 12:00- 17:00 Sun, Cloased on Mon Tue

【交通】
江戸通りと蔵前橋通りの交差点(蔵前1丁目交差点)の南西角の裏通りに位置します。
道に迷われた場合は、「江戸通りと蔵前橋通りの交差点」と近くの方に聞いていただければ、案内していただけると思います。
蔵前1丁目交差点南西角なか卯の裏、英会話学校のNOVAがあるビルの4Fです。

  • 都営浅草線 蔵前駅 A3(押上方面)/A1(西馬込方面)出口より200m 徒歩3分
    ※A1出口から出て左、(A3出口からは出てすぐ前の横断歩道を渡り右)、に行くとなか卯の交差点に着きます。
  • JR総武線 浅草橋駅 東口より500m 徒歩7分(東口を出て左に進み蔵前1丁目交差点を目指す)
  • 都営浅草線 浅草橋駅 A4出口より500m 徒歩7分
  • 都営大江戸線 蔵前駅 A5、A6出口より600m 徒歩8分

※タクシーで来られる場合は運転手に「江戸通りと蔵前橋通りの交差点のなか卯」とお伝えください(なか卯の裏の通りにあります)。
※専用駐車場はありませんので、お近くのコインパーキングをご利用ください。

map