酸性染料・防染プリント~奥田塾~

朝起きたら、近くの空にもくもくと煙が上がっていた。

後日、電柱に猫を探す張り紙があった。
猫は戻ってきただろうか。

そんな朝で始まる5月22日。
もはや遠い記憶。
更新されないブログ。。
この時期はどうしてもハードスケジュールになる。
でも本当に忙しいのかというと確かに休日というのが来た気はしないけど
これが限界な訳もない。
時間の使い方をもっとうまくしたい。
もっと中味の濃い毎日を過ごせるようになりたい。
くだらないことに悩みつつも。
今、やらなきゃ行けないことがたくさんあるのだし。

そんなこんなで前置きが相変わらず長いブログは
5月22日。奥田塾。酸性染料の防染プリント。



防染、つまり先にプリントした上に後から色をプリントする。

先にプリントした色には上の色が侵食しない。

これがつまるところ防染。

防染には物理的防染と化学的防染があってだね。
そんな眠い話になる前に。

防染用の糊を色糊をつくったら
いつものようにまだ真っ白の布を張っていく。
色糊の防染、つまり着色防染。
ちなみに白い防染は白色防染。

かっこいいのお。
そんな感じでぞくぞく出来上がっていくのだ。


プリントが出来たら、長い蒸し時間を経て
水洗い。余計な糊が落ちて完成形が見えてくる。

↑この方の本業はまったく染色とは違う。
それなのに、1年ほどでこのレベルでものを作れるようになった今日この頃。
なんか最近いい物作ってるよなあ~~。
そして何よりKさんはとっても素敵な人なのです。
出会いに感謝なのです。

もうちょっといろいろな方の出来たものを見せたいのだけど。。
顔が映っているものばかりだから今回はここまで。。(いいのかKさんは。。)
6月は酸性染料で抜染です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA